■■ 庭猫日記2
niwaneko2.exblog.jp

 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
毎晩のことだけど・・
年末からピーのベッドのある裏の家での写真が多くなっています。

この家は私が中学生の頃まで住んでいた家・・・
今は物置き同然で畳は全面猫の爪とぎ状態、ボロボロのボロときたもんだ。

さて、今晩 (14日) もホカロンの交換と猫トイレの掃除にやってきた管理人。
猫にしてみれば、世話しに来てもらってるというより夜食を運ぶ食料運搬係という感じなんだろうな、きっと。

ご飯 (この日は猫缶) の準備をしている時、2匹がそばに近付いてきたと思ったら珍しく猫同士の挨拶 (鼻キス) してるじゃ〜ありませんか!
(とっさの撮影だったので構図もずれてるうえに被写体ブレブレ)
e0071551_0555664.jpg
・・と思ったら、この直後ちび太がシャー!って・・・

なんでよ?
ちび太はいつも挨拶でピーに鼻近付けたと思ったらシャーするんだよね。
ちび太の行動・・意味分かんないよ?

そんなこんながありながら、缶詰を出された途端・・・
e0071551_134279.jpg
そして食べ終わると2匹とも遊びモードに入る。 (カメラの設定間違えたので色変です)
e0071551_142245.jpg
e0071551_152724.jpg
目線の先はもちろん2匹が大好きな「ちゅーちゅースティック」^^;


[PR]
# by kyos_cats2 | 2006-01-15 01:14
ニャンチューパンチ!
年末のことでしたが、寒いと裏の家ばかりにいるピーのために、一人でも遊んでいられるようおやつをネット注文したついでに新しいおもちゃを買ってみました。

以外とカワイイ顔してるじゃん?
e0071551_23401039.jpg
触るとゆらゆら揺れるネズミさんですが、何せ裏の家は納屋同然なので畳みの表面がボテボテしてて思ったように上手くゆらゆら揺れてくれない・・・
だから最初は転がるグレーのネズミさんの方が人気あったんですが・・
e0071551_23424181.jpg
翌日覗くと白いネズミさんがホコリにまみれグレーネズミに変身してました。
かなり激しい扱いにお疲れのようで横になっておられます (笑)
ん・・ピンクのボールはいずこへ?
e0071551_23452343.jpg
ネズミさんだけになったのがかえってよかったのか、今度はこっちの方が気に入ったようで、くわえては投げ一人遊んでいるようです。
(写真の赤いのは起き上がりこぼし。でもあんまり人気ないんだなぁ・・)
e0071551_23495942.jpg
ピーは一人遊びが得意だし好きみたいですね。
素直な性格なのか、どれも本当にすごく反応よくて見てて楽しいんですよ^^
(写真は、起き上がりこぼしのてっぺんにきびなご (猫のおじゃこ)をブスリと突き刺してやったのをガジガジ食べてるピー)

ネズミさんはうちの庭猫も夢中になるおもちゃですが、寿命が短いので数がたくさん必要ですね・・また補充しとかねば。



[PR]
# by kyos_cats2 | 2006-01-14 00:07
歴代のTOP画像
約3か月間の休止後、今後は気まま更新ペースで再スタートする庭猫日記です。
今まで使ってきたTOP画像を懐かしく御覧下さいませ〜。
さて、皆さんはどの画像の頃から見て下さってましたでしょうか?
e0071551_3263476.jpg
e0071551_3265112.jpg
これからもいろんなTOP画像をUPしていきます。
楽しみにしてて下さいね〜^^)/


[PR]
# by kyos_cats2 | 2006-01-13 03:27
晴れた日の猫は・・
屋根に上がったピーを真下から撮影しています。
彼女はどうやら何かおやつを貰いたいらしく、降りようとモジモジしている模様・・
e0071551_5164172.jpg
ここ2〜3日こちらはいいお天気で暖かいので、猫たちは外で日向ぼっこに夢中です。
日が傾きだすまでこうして少しでも日当たりのいい場所を求めて高い場所へあがる庭猫たち(うちの家周りの環境は完璧に把握しきっているもんね、キミら)

下の写真は少し前に撮ったものですが、ここ(お隣の納屋の屋根・・)を足場にうちの屋根にジャンプしたり、サンルーフ屋根に飛び移ったり、そうでない時はこのお隣の納屋の上でまったりしています。
納屋の上は日当たりもいい上に人からも見られないので2匹共お気に入りの場所です。

実はサンルーフ屋根を取り付けたばかりの頃、ピーは先端に行き過ぎて一度植木の上に滑り落ちたことがあるんです。
偶然そのシーンを目撃した私ですが、まるで罰ゲームに使われる昇降式滑り台みたく、つつーっと滑っていくので (笑)本人固まってました。

e0071551_517921.jpg
で、下から名前を呼ぶと、こうして顔だけ出して角でスリスリするピー(^^)
e0071551_5175013.jpg


[PR]
# by kyos_cats2 | 2006-01-12 04:51
相変わらずの2匹
初雪以来、毎晩ピーのベッドがある裏の家にホカロン交換に通っている私です。

ちび太は勝手口外の温水器の上にいて私が勝手口を開ける音でドスンと地面に降り、一緒にお供して付いてきます。ピーは真っ暗な家の中で遊んでいるのか、すでに家の中にいていつもの場所(襖の端)にちょこんと座って出迎えます。

うちの庭猫たちの夕ご飯は4時過ぎと早いことから、お腹も空いているだろうな・・とついでにいつもご飯も持って行ってたので、どうやら猫たちはこの家の中で夜食が貰えるんだと学習しちゃったみたいですね。
e0071551_1157426.jpg
2日程ちび太が来ない日が続いた時があったのですが、ピーは近くにちび太がいないと私が近寄っても逃げようとしません。
名前を呼んでやればぐるぐる私の周りを回ったり、ゴロゴロいいながら大人しく体を撫でさせてくれたり、ご飯の準備をしている時にもよく鳴いて初めて私の体にすりすりもしてきました。(ほんのかすった程度ですけどね)

ピーが私に懐きだしたのを敏感に感じ取ったのか、ちび太はピーをますます意識するようになったようです。

ちび太はご飯を食べるとすぐ外に出てしまうのでピーと少しの時間おもちゃで遊んであげるのですが、特にちび太の大好きな「ちゅーちゅースティック」の鈴の音がすると家の中にすっ飛んできます。そしてピーの背後に鎮座し監視体制に・・
「なんでアンタが私のおもちゃで遊んでるの!」といってるようです (笑)

でもピーはおもちゃで遊びたくて仕方ないらしく、ちび太の視線気にしつつも夢中になっていると・・・もう我慢ならんとちび太がピーを追っかけだします。
そうなるともう2匹ともこちらに注意を向けてくれないので、私はヤレヤレと電気を消して家に戻っていくわけです。

真っ暗な家の中でメス猫2匹の追っかけバトル・・これほぼ毎晩の日課です(^^;)



[PR]
# by kyos_cats2 | 2006-01-11 12:47