■■ 庭猫日記2
niwaneko2.exblog.jp

 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
取りあえずご報告です
皆さま、多くの励ましやアドバイスコメント、本当にどうもありがとうございます。

ここに経過や状況をちくいち報告せねば・・と思いつつ、バタバタの毎日でまともにパソコンも開いてられない日が続いていたので、更新もコメント返しも未だできず本当に申し訳ないと思っています。時間を見つけて随時コメント付けて行きますので許して下さいね。

部屋のケージでの様子も写真に撮ったので、詳細な経過報告も合わせて改めてきちんと更新していきたいと思っていたのですが、簡単な経過だけでもご報告しておきます。


26日に部屋で保護することを決意し、母だけには半ば強引に了解してもらいました。
父に内緒で車を使えたのは27日の午後から3時間程度・・買い物当日は、ケージの組み立てやら部屋の配置替えなどで余裕がないと、ちび太を迎えにいくのはキツイと判断し、結局退院を1日延ばしの28日にして必要なものの買い物に走りました。

退院日、ちび太は5日間の入院で少しは元気になってくれてる・・と信じていたのですが、預けた時よりも更に元気が無く、ちび太を入れて行ったキャリーケース (病院にそのまま預けていったので) の中におびえた目つきで縮こまっていました。

病院では鳴かず暴れず緊張状態がずっと続いている様子・・と先生から報告を受けていましたが、ちび太は目のしゅん膜もかなり出てて (預ける時は出ていませんでした) 目はうつろ、声はカスカスで鳴き声も出ない、おまけにくしゃみもしてる・・・

(えぇ?これってどういうこと?)と思いましたが、病状の説明だけ受けてちび太はキャリーケースの中に入れられてそのまま姿を確認することもなく渡されたので、先生に尋ねることもできませんでした。
退院日の最後の点滴の時に、ちび太は相当怒ってたらしく看護婦さんの手に噛み付き鎮静剤を打たれたそうです (退院時には覚めてると言われましたが)

人慣れ、病院慣れしてない外暮らしのちび太にとっては、見知らぬ場所で痛いことをされる毎日で、彼女にとってはかなりの不安と恐怖の毎日でしかなかったのでしょう。

入院日の血液検査の結果は完璧な腎不全 (下の数値)
この子は慢性腎不全だったらしく、軽い脱水と尿毒症1歩手前の状態で即入院。
BUN (尿素窒素) =121 (正常値13.1〜29.5)
Cre (クレアチニン) =6.9 (正常値0.9〜2.1)
他にも白血球数も20300 (正常値5500〜10000)
とかなり高い。

退院時の血液検査の結果は、
BUN (尿素窒素) =97(正常値13.1〜29.5)
Cre (クレアチニン) =5.6 (正常値0.9〜2.1)
白血球数21400 (正常値5500〜10000)


5日間の入院では抗生物質の注射と静脈点滴を受けていましたが、それでこれだけしか下がらなかったということは、あまりいい状態ではないと言われました。

退院後、1〜2日はゴロゴロと甘え元気でした。
自分から頭をごっつんごっつんしてきたり、ゴロゴロ言いっぱなしでした。
1度だけですが、家猫さんのように初めて私のベッドの中で眠りました。
私はずっと念願だった添い寝ができて嬉しかった。ちび太も体を私にもたれかけてごろんと寝転び、きっとそう感じていたと思います。

私の部屋には入れた事は無かったのですが、もともと庭や家まわりに居た子なので(どうやら聞き覚えのある場所に帰ってきたようだな)・・とはわかっているようです。
部屋の中の匂いをかいで安全な所と安心したのもつかの間、聞こえてくる音の情報にものすごく敏感で今度は部屋から外に出られない事が非常に不満で機嫌を損ねています。
寝て起きると部屋中歩き回り外出せ〜と鳴くので、父に聞こえないかハラハラしながらちび太の後を付いてまわり、なだめ・・こうなるともう私は何も自分のことができなくなります。
部屋から出してもらえないストレスと体調がよくないせもあってか、今は名前を呼んでもゴロゴロ言わなくなりました (泣) じっと動かない時間も多くなり、あまり元気もありません。

ちび太は退院後から全く餌を食べていません。
匂いの強いものを鼻先に付けたり、手で缶詰を食べさせようとすると嫌がって顔を背け逃げまわります。退院後は毎日緩いうんち (ほとんど下痢状態) を少しと真黄色の胃液を1日1回吐きます。
退院直後は水をよく飲んだものの、退院直後に比べると口をつける量も減ってきています。
病気自体は定期的な点滴しかないそうですが、食欲は体力の維持に必要・・なにも食べないようだと悪くなるばかりで回復は難しいかもしれません。

家猫さんなら、食べないなら当然流動食や点滴で栄養補給し命を繋ぐことになるのでしょう。

私の希望で、部屋に隔離しながらこの先ずっと病院通いで命を延ばすのがちび太にとって幸せなのか、庭で日向ぼっこしながら気ままに暮らしてきたちび太自身はどうしたら幸せなのか、人間の私が決めるのは難しいですが自分が庭猫になったつもりで一番居心地のいい方法を優先させてやろうと思いはじめています。

この先こういう事態が長く続き、暖かくなってこれば部屋を24時間閉め切り通しで閉じ込めておく・・ということも不可能ですし、私の部屋は猫ちゃんのために日差しも燦々と入ってくるような環境万全の部屋でもないので彼女にもストレス。
なにより自由な暮らしを満喫していた猫に不自由な生活は見ていて可哀想・・・
それが庭猫として8年身近で暮らしてきたこの子の寿命なのだと割り切る覚悟も私には必要なことかもしれません。
e0071551_13143586.jpg

★★★

頂いたコメントは必ず目を通しています。
皆さんの暖かい言葉を読んでいると涙がとまらなくなります。感謝の気持ちをお伝えしたいのですが、ちび太に目が離せずなかなかパソコンにも集中できないのでコメント返しがすぐにできません。本当にごめんなさい。どうか今だけ大目に見てやって下さい。
更新はまめにできませんが、なるべく時間を作って編集作業もしていこうとは思っています。コメント返しがなかなかできてないこと、本当にすまなく思います。
どうか宜しくお願いします

[PR]
by kyos_cats2 | 2006-02-02 13:19