■■ 庭猫日記2
niwaneko2.exblog.jp

 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
臨時更新 (ピーの冬ベッド周辺)
12月に入ってからは大変な寒波で東海地方は大雪続きでしたが、うちの庭猫たちは雪にも負けず元気で暮らしています。今回はピーの寝ぐらの様子を紹介しますね。

庭の北側に建っている家はまだ祖母が元気でいた頃、父母が新婚時代を過ごした家。
まだ2世帯住宅というものがない時代でしたから、お風呂だけは祖母のいる母屋で一緒でしたが、台所は別々で私は小学生までこっちの家で暮らしていました。

もう人は住んでいませんが、かなりの築年数になっているので今では納屋代わり。
家の中はもう手入れも全くしていませんし、庭猫たちの出入りを自由にさせてからは襖なんてボロボロになっててかなり悲惨です(笑)
・・・という訳で、かなりお見苦しいので彩度を落としてあります^^;
e0071551_7312262.jpg
(左写真)
プチプチで覆ってあるのがピーの冬のベッド。
去年までは兄猫のクロと一緒に寝ていたので覆いはしませんでしたが、今年からは独り寝になっちゃったので寒いだろうと雪が降ってから急遽間に合わせでプチプチで周りを覆いました (ガムテが美しくない・・)

うまく入り口を開けるのに頭を悩ませて、取り合えず弟が学生の時に使っていた剣道の竹刀を支えにして、それにプチプチをくるんで入り口を作っています。段ボールの中にはこたつ布団の上に私のお古フリースを重ね、雪が降るようになってからは毎晩フリースの下にホカロンを置いてあげてます。

昇り台代わりに置いてあるのは昔買った猫ハウス^^
ピーとちび太の初めての出産で子猫が計5匹生まれたので、子猫たちがこの中で寝れるように買ったのですが誰も入ってくんなかった〜 (泣)

見栄えは悪いんですけどね〜、お店で売ってるかわいい猫ハウスを買うと (私は勝ってあげたいけど) 父がチクチクネチネチ小言をいうので、表立って猫のためにお金を使ってるという姿勢は見せられないのですよ、辛いところです。
e0071551_875266.jpg
(左写真)
この家は南向きに建っているので、大きな窓のあるこの板の間は冬の午前中はかなり日当たりが良く暖かいのです。(この写真は午後に撮影したので影になってます)
雪が降る午前中外は寒いので、日が昇って陽が差してくるとこの中で一緒に日向ぼっこしてることが多くなりました。あまり仲が良くないようでもやっぱり寒さには耐えられないみたいですね。それに寒い時はちっとも朝ご飯を食べに来ないので、母は仕方なくここまで持っていってあげてるようです。

(右写真)
庭猫たちのトイレです。今月は雪が多かったので、外でのトイレは寒いだろうと板の間の右端に猫トイレを置いてあげています。元々このトイレは、庭猫が病気や大きなケガをした時にこの家に隔離して看病するのに必要なので、いつでも使えるようにここにしまってあるのです。
e0071551_8182165.jpg
この大きな掃き出し窓を少しだけ開け、上部は風よけにプチプチで隙間を塞いでいます。
庭猫たちはいつも気が向いた時にここから自由に出入りしています。特にピーは寒いと家の中に入り、夏の暑いときや人間が裏の家に近付くと縁の下に潜り隠れます。
家の中では畳を爪とぎにしたり襖を破って遊んでたりでもうやりたい放題 (笑) 

庭猫たちに自由に解放したのは兄猫クロ・ピー・ちび太の3匹になってから・・
もちろん両親も暗黙の了解ですが、ここまでになるにはホントいろいろあったなぁ^^;



[PR]
by kyos_cats2 | 2005-12-27 08:45 | ★休止中に臨時更新した記事